×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド
 トップページ > IT資格難易度一覧

IT資格難易度一覧

当ページでは、IT資格の難易度のランキングをご紹介したいと思います。
IT資格を取得するなら周りから一目置かれる資格を取得したいものです。
当ページが皆様のIT資格の難易度を把握する為の一助になれば幸いです。

<IT資格難易度一覧(ベンダー資格)>

分類 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 レベル5
Windows MCP
MCTS
MCSA MCSE
Linux(LPIC) LPICレベル1 LPICレベル2 LPICレベル3
OracleMaster ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ
Sun SCSA
SCSecA
SCNA
Cisco CCENT CCNA CCDA CCNP CCIE



IT資格難易度一覧(ベンダー資格)の難易度の補足
レベル5
 OracleMasterプラチナ、CCIEは、共に下位の資格を取得した後に実技試験の
 結果資格を取得出来る資格です。
 レベル5の資格を1つでも持っていれば、間違いなくその分野のプロとして周りに
 認められる事は間違いありません。
 転職、社内評価共に高い評価を得る事が出来る資格です。


レベル4
 レベル4の資格は、それ単体の試験での合格で取得する事は出来ない資格です。
 MCSEはMCPを7つも取得した後になれる資格ですし、CCNPもCCNAを取得後に
 4つの資格を取得する事が出来た後に取得出来る資格です。
 入社5〜6年目までには取得しておきたい資格です。



レベル3
 レベル3の資格もそれ単体の試験での合格で取得する事は出来ない資格です。
 MCSAはMCPを4つも取得した後になれる資格ですし、CCDAもCCNAの取得レベル
 が前提の資格です。
 その他のLPICレベル2、オラクルマスターゴールド、SCNAも下位のレベル1、
 レベル2の資格を取得しなければ取得出来ませんし、レベル2の知識は前提での
 試験となり難易度は高いです。
 
転職や社内でのアピールにはレベル3の資格を取得したいところです。


レベル2
 勉強方法を誤らなければ、未経験の方でも取得可能な資格です。
 レベル1の資格との差は勉強範囲が広い事と問題集の問題数が多い事、
 国内の問題集がない事(SCSecA)が挙げられます。
 入社2〜3年目までに1つは取得すべき資格と思います。
 個人的にお勧めの資格教材はこれです。==>資格取得教材
 業界の向き無向きは関係なく取れるレベルですので、時間をかけてしっかりと
 取得すべきレベルです。


レベル1
 新入社員の方は、是非、レベル1の資格を取ってください。
 以下のIT業界では必須の基本情報処理資格(FE)よりも簡単ですし、またFE以上
 の評価を得る事が出来ます。
 また、レベル1を取得する事で上位資格への道も開けます。
 私は
基本情報を取得するよりも、簡単、かつ評価が高いベンダー資格を取得する
 事をお勧め
します。
 作者の意図は、楽して評価が上がる、アピール出来る資格は何か?
 IT資格短期取得を閲覧して頂ければご理解頂けると思います。





<IT資格難易度一覧(国家資格)>
<レベル1>
IT パスポート試験(IP)

<レベル2>
基本情報技術者試験(FE)


<レベル3>
応用情報技術者試験(AP)

<レベル4>
IT ストラテジスト試験(ST)
システムアーキテクト試験(SA)
ネットワークスペシャリスト試験(NW)
データベーススペシャリスト試験(DB)
エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)
IT サービスマネージャ試験(SM)


<レベル5>
プロジェクトマネージャ試験(PM)
システム監査技術者試験(AU)


IT資格難易度一覧(国家資格)の難易度の補足
 取得すれば評価は高い、かつ一生物の資格です。
 ただ、取得するには勉強の時間が多く必要な資格です。
 私は基本情報を取得するよりも、簡単、かつ評価が高いベンダー資格を取得する
 事をお勧めします。
 作者の意図は、楽して評価が上がる、アピール出来る資格は何か?
 IT資格短期取得を閲覧して頂ければご理解頂けると思います。
 ある程度のベンダー資格を取得後にテクニカルエンジニア資格レベルを取得すれば
  IT業界での評価および転職はかなり優位になります。



IT業界の人を応援!!資格取得ガイドのトップページへ戻る


Copyright(C) IT業界の人を応援!!資格取得ガイド All Rights Reserved