×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド
 トップページ > IT資格一覧



IT資格一覧


当ページでは、作者が受験をした、転職時に評価される、または職場で評価
が高い資格の情報
をお伝えします。


私自身は「民間資格の方が国家資格より費用対効果が良い」と考えていますので
民間資格を中心に勉強をし、資格を取得しました。


ですので、当ページでは民間資格を中心にIT資格情報をお伝えしたいと思います。



作者が思う、民間資格と国家資格のメリット、デメリット比較情報を記載します。


民間資格と国家資格の比較

<民間資格> 
 ○メリット

  ・試験対策がやり易い。
  ・シェアが高い製品の資格は国家資格以上の評価を得る事が出来る。
  ・ベンダーに依存した深い知識を得る事が出来る。
  ・高い頻度で受験が可能。
  ・海外での認知度がある。

 ○デメリット
  ・有効期限がある。
  ・受験料が高い。


<国家資格>

 ○メリット

  ・日本国内企業の知名度が高い。
  ・有効期限がない(一生もの)。
  ・ベンダーに依存しない知識を学ぶ事が出来る。
  ・受験料が安い。

 ○デメリット
  ・試験対策が難しい。(午後の対策が難しい)
  ・海外での認知度が低い。
  ・半年、または1年毎にしか受験出来ない。



では、具体的にどんなIT資格があるかを紹介します。

ここでは、知名度がある資格情報を以下に記載します。
知名度があるという事は
 ・シェア(業界で使用されている割合が高い)がある為、当分はなくなる事
  がない。

 
・シェアが高い為、資格を取得すると評価され易い。

という事です。


◇OS編
   OSでシェアがある製品は、Windows、Linux、Unixです。
   Unixの中で最もシェアが高いOSはSolarisです。
   最もシェアが高いです。
   以下の3種類の資格保有者は大半のOSに対応出来る人材として
   評価されます。

    ・Windows資格(MCP,MCDST,MCSA,MCSE)
    ・Linux資格(LPIC)
    ・Sun資格(SCSA、SCNA、SCsecA) インフラ技術者向け

◇データベース編
   データベースでシェアがある製品は、Oracleが最もシェアが高いです。
   Oracle資格の保有者はデータベースが出来る人材として評価されます。

    ・Oracle資格(OracleMaster ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ)

◇ネットワーク編
  ネットワークでシェアがある製品は、Ciscosが最もシェアが高いです。
   Cisco資格の保有者はネットワークが出来る人材として評価されます。

    ・Cisco資格(CCNA、CCDA、CCNP、CCDP、CCIE)

◇開発編
  開発言語には多くの言語があります。その中でまず最初に押さえておきたい
  言語はやはりJavaだと思います。
  Javaはかなりシェアが高く、新入社員の方がまず最初に教えられる言語に
  なってきています。(作者の時代はC言語でした)

    ・Sun資格(SJC-A、SJC-P) 開発者向け




IT業界の人を応援!!資格取得ガイドのトップページへ戻る

Copyright(C) IT業界の人を応援!!資格取得ガイド All Rights Reserved