×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


なぜ、あなたはIT資格を取得出来ないのか?
どのようにして、私が複数のIT資格を短期で取得出来たか?

あなたの周りにはIT資格を複数取得している方、短期で取得する方
がいると思います。
自分は一生懸命頑張っているのに、取得に時間がかかる。。 
一つの資格を取るので精一杯だ。。 
俺はダメだな〜っと考えていませんか?


結論から言うとそれは間違いです。


私も入社当初の登竜門である「基本情報処理」を取得する際に
 ・同じ期間を勉強しているのに自分だけ取得出来ない。 
 ・先輩がみんな持っているので簡単と思ったが、非常に難しい。。
っと自暴自棄になり、IT業界から離れたいと考えていました。


しかし、現在は
「複数のIT資格を持っている、短期間で取得する」っと社内からは評価されています


では、どの様にすれば取得出来るかですが、以下の2点に注力すれば取得出来ます。


 1.最も合格者が使用している問題集を探す
 2.ベンダー資格(民間資格)に注力する。


「1.最も合格者が使用している問題集を探す

あなはた、IT資格を取得する際にどの様な勉強方法をしていますか。
本屋に行き、この問題集の解説は分かりやすいからっと問題集を選んでいませんか。(かつての私もそうですが。。)
分かり易い問題集でも、実際の試験から出ない問題を解いて覚えても合格に近づきません。
私は試験を受ける前に、
徹底的に合格者が使用した問題集を調査し、それのみを勉強します。

「2.ベンダー資格(民間資格)に注力する

ITの資格には、国家資格と民家資格があります。
国家資格には、基本情報技術者、ソフトウェア技術者などの資格があります。
民間資格には、オラクルマスター、CCNA、MCP、LPICなどの資格があります。

国家資格と民間資格のどちらが難しいかと言うと私は「国家資格の方が取得が難しい」と思います。
理由は以下です。

 ・年に数回しか受験出来ない。
 ・午後問題は対策が難しい。


しかし、民間資格は「本人のタイミングで受験が可能」、「対策が容易」である事。
また、明らかに国家試験の勉強よりも短時間でかつ評価を得る事が出来る資格であると思います。
要は、
費用対効果が国家資格より民間資格の方が良いという事です。



IT業界の人を応援!!資格取得ガイドのトップページへ戻る

IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド
 トップページ > IT資格短期取得
Copyright(C) IT業界の人を応援!!資格取得ガイド All Rights Reserved