×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド
 トップページ > 備忘録 > Oracleをバックアップしてみよう(RMANバックアップ)



















































Oracleをバックアップしてみよう(RMANバックアップ)

当ページではオラクルのOracle Recovery Manager(以下、RMAN)を実際に使用してバックアップを取得する方法を説明致します。


OracleのRMANによるバックアップ方法

制御ファイルにバックアップ情報を保持する場合のRMAN接続
$rman target / nocatalog


上記コマンドを実行するユーザはOSのoracleユーザで実行して下さい。


RMANの設定確認方法
RMANのバックアップポリシー設定の確認が以下のshow allコマンドで確認出来ます。

RMAN> show all;

RMAN構成パラメータは次のとおりです:
CONFIGURE RETENTION POLICY TO REDUNDANCY 1;
CONFIGURE BACKUP OPTIMIZATION OFF; # default
CONFIGURE DEFAULT DEVICE TYPE TO DISK; # default
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP OFF; # default
CONFIGURE CONTROLFILE AUTOBACKUP FORMAT FOR DEVICE TYPE DISK TO '%F'; # default
CONFIGURE DEVICE TYPE DISK PARALLELISM 1 BACKUP TYPE TO BACKUPSET; # default
CONFIGURE DATAFILE BACKUP COPIES FOR DEVICE TYPE DISK TO 1; # default
CONFIGURE ARCHIVELOG BACKUP COPIES FOR DEVICE TYPE DISK TO 1; # default
CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE DISK FORMAT '/backup/%U';
CONFIGURE MAXSETSIZE TO UNLIMITED; # default
CONFIGURE ENCRYPTION FOR DATABASE OFF; # default
CONFIGURE ENCRYPTION ALGORITHM 'AES128'; # default
CONFIGURE ARCHIVELOG DELETION POLICY TO NONE; # default
CONFIGURE SNAPSHOT CONTROLFILE NAME TO '/opt/app/oracle/product/10.2/db_1/dbs/snapcf_testdb.f'; # default

RMAN>


RMANの設定変更方法
バックアップの世代管理を7日間にした場合の変更方法

RMAN> CONFIGURE RETENTION POLICY TO RECOVERY WINDOW OF 7 DAYS;

古いRMAN構成パラメータ:
CONFIGURE RETENTION POLICY TO REDUNDANCY 1;
新しいRMAN構成パラメータ:
CONFIGURE RETENTION POLICY TO RECOVERY WINDOW OF 7 DAYS;
新しいRMAN構成パラメータが格納できました

RMAN>


バックアップの世代管理を7世代にした場合の変更方法
RMAN> CONFIGURE RETENTION POLICY TO REDUNDANCY 7;

古いRMAN構成パラメータ:
CONFIGURE RETENTION POLICY TO RECOVERY WINDOW OF 7 DAYS;
新しいRMAN構成パラメータ:
CONFIGURE RETENTION POLICY TO REDUNDANCY 7;
新しいRMAN構成パラメータが格納できました

RMAN>


バックアップの取得先を変更する場合
※%Uはバックアップ先フォルダ内でユニークなバックアップファイル名にする為です。
RMAN>
CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE DISK FORMAT '/backup/%U';

古いRMAN構成パラメータ:
CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE DISK FORMAT '/backup2/%U';
新しいRMAN構成パラメータ:
CONFIGURE CHANNEL DEVICE TYPE DISK FORMAT '/backup/%U';
新しいRMAN構成パラメータが格納できました

RMAN>


バックアップしたバックアップ情報を確認
RMAN>
list backup;


バックアップ・セットのリスト
===================

BS Key Type LV Size Device Type Elapsed Time 終了時間
------- ---- -- ---------- ----------- ------------ --------
198 Incr 0 535.16M DISK 00:01:25 10-04-18
BPキー: 198 ステータス: AVAILABLE 圧縮: NO タグ: WEEKLY_BKUP
ピース名: /backup/66lbeh8d_1_1
バックアップ・セット198のデータファイルのリスト
File LV Type Ckp SCN Ckp時間 Name
---- -- ---- ---------- -------- ----
1 0 Incr 518127 10-04-18 /opt/app/oracle/oradata/testdb/system01.dbf
2 0 Incr 518127 10-04-18 /opt/app/oracle/oradata/testdb/undotbs01.dbf
3 0 Incr 518127 10-04-18 /opt/app/oracle/oradata/testdb/sysaux01.dbf
4 0 Incr 518127 10-04-18 /opt/app/oracle/oradata/testdb/users01.dbf

BSキー サイズ デバイス・タイプ経過時間終了時間
------- ---------- ----------- ------------ --------
200 20.06M DISK 00:00:02 10-04-18
BPキー: 200 ステータス: AVAILABLE 圧縮: NO タグ: WEEKLY_BKUP
ピース名: /backup/68lbehb7_1_1

バックアップ・セット200のアーカイブ・ログのリスト
Thrd Seq Low SCN Low時間 Next SCN Next Time
---- ------- ---------- -------- ---------- ---------
1 40 490145 10-04-17 515071 10-04-18
1 41 515071 10-04-18 518153 10-04-18
・・・・・・・・・


バックアップしたバックアップのサマリー情報の確認
RMAN>
list backup summary;

バックアップのリスト
===============
Key TY LV S Device Type 終了時間 #Pieces #Copies Compressed Tag
------- -- -- - ----------- -------- ------- ------- ---------- ---
198 B 0 A DISK 10-04-18 1 1 NO WEEKLY_BKUP
200 B A A DISK 10-04-18 1 1 NO WEEKLY_BKUP
201 B 1 A DISK 10-04-18 1 1 NO DAYLY_BKUP
202 B 1 A DISK 10-04-18 1 1 NO DAYLY_BKUP
203 B A A DISK 10-04-18 1 1 NO DAYLY_BKUP
204 B F A DISK 10-04-18 1 1 NO FULL-TEST
205 B F A DISK 10-04-18 1 1 NO FULL-TEST
206 B A A DISK 10-04-18 1 1 NO FULL-TEST

RMAN>


バックアップ保持期間(リテンション)を過ぎたバックアップを削除する方法
RMAN>
delete obsolete;


OSのRMコマンド等でバックアップを削除した場合、Oracleにバックアップ削除情報を反映(同期させる)する方法


RMAN>
crosscheck backup;
RMAN>
delete expired backup;



フルバックアップ(レベル0)を取得する方法
RMAN>
backup incremental level 0 cumulative device type disk tag 'WEEKLY_BKUP' database include current controlfile;
backup device type disk tag 'WEEKLY_BKUP' archivelog all not backed up delete all input;
allocate channel for maintenance type disk;
delete noprompt obsolete device type disk;
release channel;



差分バックアップ(レベル1)を取得する方法
RMAN>
backup incremental level 1 cumulative device type disk tag 'DAYLY_BKUP' database include current controlfile;
backup device type disk tag 'DAYLY_BKUP' archivelog all not backed up delete all input;
allocate channel for maintenance type disk;
delete noprompt obsolete device type disk;
release channel;

補足です。
delete noprompt obsolete device type disk
CONFIGURE RETENTION POLICY TO REDUNDANCYに従い、不要なバックアップを削除する。

backup device type disk tag 'WEEKLY_BKUP' archivelog all not backed up
すべてのアーカイブ・ログもディスクにバックアップします

delete noprompt obsolete device type disk;
不要になったバックアップの削除 保存ポリシーに満たないバックアップを削除します。

delete all input
正常にバックアップされた後、すべてのアーカイブ・ログをディスクから削除



スクリプトでRMANバックアップを行う方法
cmdfileはRMANコマンドが記載されているスクリプファイルを指定します。
logはcmdfileで指定したコマンド結果をログに出力します。

[oracle@itlicense ~]$
rman target / nocatalog cmdfile '/opt/app/dayly.rman' log '/opt/app/dayly.log'
RMAN> 2> 3> 4> 5> 6>
[oracle@itlicense ~]$






作者が読んでよかったので推薦するオラクル関連の本nze DBA10g
       プロとしてのOracle運用管理入門

当ページをご確認の方は、業務の中でOracle管理という難しい業務を任された方が多いのではないでしょうか。

データベースは一度設定を行えば作業終了と言うものではありません。非常に管理に手間がかかります。

なぜなら、動かしている時間が長ければ、データ量が増え

・ディスク空き容量は?
・パフォーマンスが遅くなった理由は?
・バックアップ方式は時間内に収まるか?

など多くの問題が発生します。オラクルの運用管理とはオラクル全体を理解する必要があります。

断片的な知識を得る本は多くありますが、オラクルの運用管理の観点で書かれている本はあまりありませんので、運用管理者として理解すべき情報をこの本で一気に理解する事をお勧めします。


絵で見てわかるOracleの仕組み
絵で見て、Oracleの動作を理解出来る本です。

Oracleの動作を文字やコマンドで解説されている本はたくさんありますが、どうも解りにくい。。

この本は、その”解りにくい・・”の箇所を極力、絵で表してくれているお勧めの本です。
Oracleのアーキテクチャ(仕組み)をイメージしやすいように書かれています。

作者もこの本で”もやもや”しているオラクルの動作を整理出来ました!!

目的地を人に聞く時、「次の次の信号を右に曲がって、次を左に曲がって、3件目です」より、「今ここで、ここが目的地」と地図で教えてもらった方が解りやすいし、道を間違っても、自分の力で辿りつけますよねぇ。

要は、絵で理解すると解り易いし、道(手順)を外れても回復する応用力が付くと言う事です。




RMANとは?バックアップ方式の世代管理の知識に不安がある方は以下を参照願います。


RMANとは、Oracleが標準で提供するバックアップ、リカバリ、リストア用の機能です。
詳細はRMANとはをご確認願います。

RMANによるバックアップを行う前にバックアップ方式と世代管理の知識に不安があるかたはバックアップ方式と世代管理をご確認願います。





Copyright(C) IT業界の人を応援!!資格取得ガイド All Rights Reserved