×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド
 トップページ > IT資格一覧 > Linux資格(LPIC)  > LPICレベル3

LPIC Level3(117-301/117-302) Linux

当ページではLPIC資格試験(117-301、117-302)に対して、作者が実際に勉強に
使用した参考書、問題集、勉強方法、資格取得の為のポイント、受験体験記を以下
に記載します。


資格概要
LPIC Level3資格はLPIの最上位資格として2007年1月にリリースされました。
LPICレベル3を取得したエンジニアは市場価値の高いリナックスのプロフェッショナル
として認定されます。


LPICレベル3試験はベースとなる試験「Core」と、専門性を問われる試験「Speciality」で構成されています。


LPICレベル3はレベル1(117-101と117-102試験の合格)、レベル2(117-201と117-202試験の合格)の2種類の試験に合格する事で認定される制度と異なり、117-301試験(Core)のみに合格する事でLPICレベル3に認定されます。
※LPICレベル3に認定されるにはもちろんLPICレベル2に認定されている必要があります。


LPIC Level3資格は、選択問題と記述問題で構成されています。


受験の為の前提条件は年齢などはなく誰でも受ける事が可能です。
試験時間は90分です。
※出来た時点で途中退出可能です。


受験料は「LPIC Level3 301 Core Exam」が30,000円(税抜)、
「LPIC Level3 302 Mixed Environment Exam」が20,000円(税抜)です。
「LPI-303 Security、LPI-304 Virtualization &High Availability」は2014年1月1日以降は、1試験あたり30,000円(税抜)です。



LPIC資格にはレベル1、レベル2、レベル3が用意されています。
アピールする資格にするにはLPICレベル2、IT業界でスペシャリストとして認められるにはLPICレベル3を取得したいものです。


なお、LPICレベル3の資格を取得する為にはLPICレベル1(117-101、117-102資格)LPICレベル2(117-201、117-202資格)は必須科目になりますので、レベル3を目指す方はまずLPICレベル1、LPICレベル2の資格を勉強する必要があります。



LPICレベル3(117-301)の試験内容(試験範囲) 
大まかに試験範囲を言うとLDAPとパフォーマンスチューニングが試験範囲になります。
詳細はLPICが公表している下記のURLを参照願います。
「LPIC Level3 301 Core Exam」の試験範囲


LPICレベル3(117-302)の試験内容(試験範囲)
大まかに試験範囲を言うとSamba、AD/CIFSとの連携、ユーザ管理、セキュリティが試験範囲になります。
詳細はLPICが公表している下記のURLを参照願います。
LPIC-3 Specialty「302 Mixed Environment Exam」の試験範囲


参考書/問題集
作者は当ホームページの「資格取得教材」でも記載しているように、勉強を行う前にどの問題集が最も資格取得に近道であるかを時間をかけて模索します。


作者は当ホームページの「節約出来る資格取得方法」でも記載しているように、如何に時間をかけずに資格を取得出来るかを調査してから勉強方法を決めています。


前置きが長くなりましたが、今回、私が合格体験記など多くの方の体験記を調査した結果は以下でした。
参考書として
Linux教科書 LPIC レベル3
「LPI認定試験LPICレベル3《301/302》 【最短合格】テキスト&問題集」

問題集として
「インプレス社の徹底攻略 LPI問題集 Level3」
を使用しているようです。




LPICレベル3の勉強方法
勉強方法は、上記の
Linux教科書 LPIC レベル3
秀和システムの「LPI認定試験LPICレベル3《301/302》 【最短合格】テキスト&問題集」
を参考書として使用し、

問題集はインプレスジャパンの「徹底攻略 LPI問題集 Level3 [301/302]対応」

を中心に勉強しました。


■作者が使用した参考書
Step1)LPICレベル3の全体把握、詳細把握
合格者が使用した参考書からLPICレベル3を取得するには必須の教科書です!

【Linux教科書 LPIC レベル3】(LPI認定教材) 超お勧め!!




【LPI認定試験LPICレベル3【最短合格】テキスト&問題集】(LPI認定教材)





Step2)LPICレベル2資格の多くの問題に触れる。
Step1で出題範囲を確認した後は、多くの問題に触れ、実際の試験に対応する力をつける必要があります。
黒本(徹底攻略問題集)のいいところは、解説が非常に分かりやすい点です。

【徹底攻略 LPI問題集 Level3 [301/302]対応】(LPI認定教材)




■作者が使用したサイト
LPICフリーク
※LPICを目指す方ならよくご存知の定番サイトです。
  LPICの資格に限らずMCP,OracleマスターなどのIT資格情報が満載のサイトです。

Linux標準教科書
LPICを主催している特定非営利活動法人エルピーアイジャパンは「Linux標準教科書」をインターネット上に公開しています。
Linuxとは?から始まり章末テストまでが収録された資料です。
無料ですのでまずはこちらから勉強するのも良いと思います。

そろそろLDAPにしてみないか?(第1回〜3回)
そろそろLDAPにしてみないか?(第4回〜18回)
LDAPが分かりやすく解説されています! お勧め!



Copyright(C) IT業界の人を応援!!資格取得ガイド All Rights Reserved