×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド
 トップページ > IT資格一覧 > Windows資格(MCP,MCDST,MCSA,MCSE) > MCSA2003

MCSA資格試験(Windows2003トラック)

当ページではMCSA資格試験に対して、作者が実際に勉強に使用した教材勉強方法
資格取得の為のポイント、問題情報、受験体験記を以下に記載します。


資格概要
MCSA(Windows2003トラック)とは、Microsoft Windows Server 2003をベース
とするシステム環境とネットワークの設定変更、保守管理を行うエンジニア向けの資格
です。


MCSA(Windows2003トラック)を取得するには、必須科目3科目、選択科目1科目の
合計4科目のMCP資格を取得する必要があります。

4科目の内訳は、クライアントOS関連科目(Windows2000Professional、Windows XP
Professional、Windows Vista)の3つのOSから1科目、ネットワーク関連科目を2科目
(2科目中から2科目を取得する必要があります)、選択科目を1科目取得する必要が
あります。

詳細はMicrosoft公式サイトをご確認願います。


MCSAの受験料は最小で15,750円/1科目 × 4科目 = 63,000円
全ての科目を1回で合格しても63000円がかかります。

ちなみにMCSEの受験料は15,750円/1科目 × 7科目 = 110,250円
と自己投資には多くの金額がかかりますので、会社のサポートを是非受けたいものです。


Microsoftの資格にはメジャーな資格としてMCP、MCSA、MCSEがあります。
MCPは1科目、MCSAは4科目、MCSEは7科目で認定されます。
科目数に比例して難易度が高いので、上記の通り難易度はMCP<MCSA<MCSEと
なります。


MCSAの位置付けはWindows Serverの運用管理者、または中堅SEレベルの資格、MCSEは上級SEレベルの資格と考えて良いと思います。


資格取得の期間ですが、資格勉強前の前提知識により、吸収度が変わり一概には
言えませんが、大まかには以下の受験期間が必要ではないかと思います。

MCP:2ヶ月程度
MCSA:6ヶ月程度
MCSE:12ヶ月程度


MCSAの資格取得の順番、科目は以下が良いと思います。
MCP(70-290) => MCP(70-291) => MCP(70-620) => 選択1科目

作者は以下の順番で取得しました。
MCP(70-290) => MCP(70-270) => MCP(70-228) => MCP(70-291)


4科目の受験と通して感じた事は、関連がある資格を取るべき!と思います。
MCP(70-290)とMCP(70-291)では多少内容がかぶりますので、MCP(70-290)資格
取得後にMCP(70-291)を取る方法が良いと思います。

あと、クライアント資格にMCP(70-270)(WindowsXP)を取得しましたが、後々の
Windows2008Server(MCITP資格)へのアップグレードを考えるのであれば
必要となるMCP(70-620)(WindowsVista)を取得する事でアップグレード資格の
科目数を1科目減らす事ができます。


参考書/問題集
作者は当ホームページの「資格取得教材」でも記載しているように、勉強を行う前に
どの問題集が最も資格取得に近道であるかを時間をかけて模索します。


作者は当ホームページの「節約出来る資格取得方法」でも記載しているように、如何
に時間をかけずに資格を取得出来るかを調査してから勉強方法を決めています。
勉強時間を極力少なくして、節約できた時間を趣味や子供と遊んだり、または次の
資格への勉強時間に使いたいものです。
基礎力を付けるという意味で徹底攻略問題集をまず行う勉強方法が良いと思います。



<基礎問題編>
出題内容は章立てされている徹底攻略問題集を勉強する事がいいと思います。


【MCP(70-290)】
【MCP(70-291)】
【MCP(70-270)】
【MCP(70-620)】



MCPの勉強方法
勉強方法は、インプレスジャパン社の問題集を中心に勉強しました。

■作者が使用した問題集
基礎問題集であるインプレスジャパン社の「徹底攻略MCSE問題集」が問題対策として非常に有益です。
解説が理解できない所は、TechNet、Google先生で調べて根本理解に努めてください。


■作者が使用したサイト
MCPフリーク
MCPを目指す方ならよくご存知の定番サイトです。
MCPの資格に限らず多くの資格の情報が満載のサイトです。
合格者の方がどの問題集で勉強したか、また結果は?の情報が多数掲載されています。
問題集を選ぶ際には是非、チェックしてください。
問題集の良し悪しが分かったりと熱い情報が満載です。


受験体験記
現時点で7回のマイクロソフト社の資格を受験しました。

1回目の受験体験記は「MCP資格試験(70-290)」をご確認願います。
2回目の受験体験記は「MCP資格試験(70-270)」をご確認願います。
3回目の受験体験記は「MCP資格試験(70-228)」をご確認願います。
4回目の受験体験記は「MCP資格試験(70-291)」をご確認願います。
5回目の受験体験記は「MCP資格試験(70-293)」をご確認願います。
6回目の受験体験記は「MCP資格試験(70-294)」をご確認願います。
7回目の受験体験記は「MCP資格試験(70-297)」をご確認願います。


MCSAを受験して作者が感じた事は、Microsoft社は1社でOSはもちろんの事、SQLSERVER(DB)、IIS(アプリケーションサーバ)、認証サーバ(AD)、DNS
DHCPと多くの機能を提供しています。
それによりMCP、MCSA、MCSE試験では機能が複合された問題文となる為
勉強する方にとっては非常に大変ですが、システム全体を考える力が付くと
思います。

Microsoftの製品知識のみではなく、システム全体を把握する必要がある
システムエンジニアの方には、資格の取得と業務で活きる知識の2つが身に付く
資格制度ではないかと思います。



余談ですが。。
MCSAは過去にはない資格だったそうです。昔はMCPかMCSEかの2つしか資格は
なかったそうです。つまりMCP資格を6個持っていても、結局はMCP資格ホルダーと
認識されMCP資格を1つ持ってる方と資格上では変わらなかったようです。

MCSAはMCSEを目指す方の通過点の資格として後に作られたようです。
途中でMCSEを挫折してもMCSAとしてMCPより上の位置付け資格が出来た事は
受験者にとってありがたいです。


Copyright(C) IT業界の人を応援!!資格取得ガイド All Rights Reserved