IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド
 トップページ > IT資格一覧 > Windows資格(MCTS,MCITP,MCPD) > MCTS(70-630)

MCTS資格試験(70-630)

当ページではMCTS資格試験(70-630)に対して、作者が実際に勉強に使用した教材
勉強方法、資格取得の為のポイント、問題情報、受験体験記を以下に記載します。


資格概要
MCTS(70-630)は、Microsoft Office SharePoint Server 2007
構成、管理などの知識が問われる試験です。


受験の為の前提条件、年齢などはなく誰でも受ける事が可能です。
試験時間は115分です。
※出来た時点で途中退出可能です。

受験料は15,750円(税込)です。

試験時間、受験料は日々更新されますので、受験前には以下で確認して下さい。
PROMETRIC社のMS試験情報一覧

詳細な試験内容はMicrosoft社の資格サイトを確認して下さい。
Microsoft社の資格情報サイト(Microsoft Office SharePoint Server 2007 )

また、当資格を取得する事でMCTSMicrosoft Certified Technology Specialist)に認定されます。
補足ですが、MCTSに認定されるにはMicfosoft社が数十個と用意している資格に
一つでも受かる事で認定されます。


Microsoftが用意している資格にはMCTS、MCITP、MCPDなどがあります。
MCITPはマイクロソフトが認めるITのスペシャリスト、MCPDはマイクロソフトが
認める開発のプロフェッショナルの位置付けです。


作者は、現在のIT業界の流れをみて、IAサーバの導入が今後も進む事を予測し
IAでメジャーなMicrosoft、Linux技術を中心に情報収集、技術習得を行う事にしました。
SharePointは社内ポータルの検討製品の一つに必ず入る製品と考えましたので
当製品の勉強、スキル証明の為に勉強をし資格取得致しました。

参考書/問題集
作者は当ホームページの「資格取得教材」でも記載しているように、勉強を行う前に
どの問題集が最も資格取得に近道であるかを時間をかけて調査します。


作者は当ホームページの「節約出来る資格取得方法」でも記載しているように、如何
に時間をかけずに資格を取得出来るかを調査してから勉強方法を決めています。


前置きが長くなりましたが、今回、私がいろいろと調査した結果、最も良いと考えた
勉強教材はマイクロソフト公式解説書(ひと目でわかるMicrosoft Office SharePoint Server 2007)です。


<基礎知識編>

   

作者も色々と参考書を探しましたが、SharePoint2007に関する書籍が少なく、その中で分かり易い書籍、実際に読んだ方の評価を参考に上記書籍で勉強する事にしました。

タイトルにあるようにひと目で分かるように画面キャプチャを非常に多く使用し、初心者であった作者にも手順が分かりやすく仕上がっていました。



<応用問題編>

Microsoft社の模擬試験(30問)

上記の基礎知識編でご紹介させて頂いた「ひと目でわかるMicrosoft Office SharePoint Server 2007」を読み込んだ後に、Microsoft社が提供している模擬問題30問を回答だけではなく、なぜ他の選択肢が誤りなのか解説も完全に理解する対策をしました。

Q25は「A:サーバー ファームを休止させる。」が正しいと思います。MSの模擬試験の解答は間違っていますよね?




Copyright(C) IT業界の人を応援!!資格取得ガイド All Rights Reserved