×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Oracle Master Gold(オラクルマスター ゴールド)

Oracle Master Gold(オラクルマスター ゴールド)資格の資格概要、試験日
受験料、参考書、問題集の情報を掲載しています。


資格概要
データベースと言えば「Oracle(オラクル)」と言われる程
データベース業界では圧倒的なシェアを確立しているデータベースソフトです。
データベースを勉強するなら、まず最初にオラクルを勉強する事をお勧めします。
なぜなら、圧倒的なシェア、および「Oracle master(オラクルマスター)」
という業界では知らない人が業界知識を疑われる程の
有名なベンダー資格がある事です。


オラクルマスターシリーズにはブロンズ(Bronze)、シルバー(Silver)
ゴールド(Gold)、プラチナ(Platinum)の4段階の資格があります。


名前の通りオラクルマスター資格の難易度
ブロンズ(Bronze) < シルバー(Silver) < ゴールド(Gold) < プラチナ(Platinum)
の順番で難しくなります。


オラクルマスターはブロンズを取得後に、シルバー資格を受験し合格後にシルバー
として認定されます。つまり上記のようにブロンズー>シルバー->ゴールド->プラチナ
の順番でしかランクアップ出来ません。


資格の難易度
オラクルマスター資格の難易度はIT資格難易度ページを確認願います。


資格取得の目安
・新入社員の方は「オラクルマスターブロンズ」、入社2〜3年目の方は
「オラクルマスターシルバー」
を取得すれば、評価は高いです。
・入社5年目までの方は「ゴールド」を取得すれば評価されます。
・プラチナ取得の方は、転職、社内評価とIT業界では抜群の評価を得る事が
 出来ます。


作者が思うオラクルマスター取得のメリット
オラクルマスターシルバー資格はインフラ構築者、保守運用者の方に必要となる
データベース管理者(DBA)上級程度の知識が問われる資格です。
一人でDBAの仕事をこなせれるレベルです。

ORACLE MASTER Gold (Oracle Certified Professional)はOCPとして外国でも
認識されている資格です。
※作者は実際に外人にOCPを持っていると言うと「やるねぇ〜」と通じました。

基本情報処理資格とは違い、ベンダー資格は世界共通ですので海外にも証明出来る
点はうれしいメリットです。

試験日
祝日を除くほぼ毎日(日曜日は会場により開催有無が異なります)

試験の開催日は以下の「プリメトリック」から確認してください。
プリメトリックのメインページ



2009年9月26日以降からは「ピアソンVUE公認テストセ ンター」に変更になるようです。
9月26日前後に受験される方は注意して下さい。
オラクル認定試験配信会社変更のお知らせ
ピアソンVUEがオラクル資格試験の配信会社に決定

ピアソンVUE公認テストセ ンターのメインページ

※作者もピアソンで受験した事がありませんのでアカウント作成から始めます。


試験科目情報(試験時間、出題数、合格ライン)
オラクルマスターゴールド資格を取得するには1教科に合格する必要があります。
また、1classのOracle社が指定する研修を受講する必要があります。

※前提条件としては、オラクルマスターシルバーを取得している必要があります。

Gold DBA10g
試験番号  1Z0-043J
試験時間  90分
出題数   65問
合格ライン 70%

注)合格ラインなどは変更になる事があります。最新情報はOracle社のホームページ
オラクル10g認定資格制度(Gold)を参照願います。


Gold DBA11g
試験番号  1Z0-053J
試験時間  120分
出題数   78問
合格ライン 66%

注)合格ラインなどは変更になる事があります。最新情報はOracle社のホームページ
オラクル11g認定資格制度(Gold)を参照願います。



受験料

オラクルマスターゴールドの受験料は1科目 22,260円(消費税込み)です。

オラクルマスターゴールドを取得するには、オラクルマスターシルバーの取得、オラクルの研修1Class分を受講が前提条件となります。

オラクルシルバー資格取得には「Bronze SQL基礎I」と「Bronze DBA」と「SilverDBA」の計3教科に合格する必要がありますので

つまりは、
「Bronze SQL基礎I」と「Bronze DBA」と「SilverDBA」の3教科受験料 = 58,800円
「GoldDBA」の1教科受験料                          = 22,260円
合計81,060円+研修代が必要になります。


公式サイト

オラクルマスター公式サイト
オラクル社のオラクルマスター公式サイトです。
最新情報はここからチェックしてください。

参考書/問題集(本)

以下2点の参考書と問題集はOracle Master Silverを目指す方は必ず1つは持って
いる程の定番中の定番の参考書と問題集です!!

Gold DBA10g 科目の合格者が推薦する参考書と問題集
【参考書】

オラクルマスター教科書Gold Oracle Database 10g【DBA10g】


オラクルマスターを目指す方なら良くご存知の翔泳社のオラクルマスター教科書。通称黒本と呼ばれる教科書です。

定番中の定番の教科書です。
試験対策にも良いのですが、資格取得後の業務でも使用出来ます。



Gold DBA11g 科目の合格者が推薦する参考書と問題集
【参考書】

Gold Oracle Database DBA11g 新機能編 (DVD付) (オラクルマスター教科書)【DBA10g】


オラクルマスターを目指す方なら良くご存知の翔泳社のオラクルマスター教科書。通称黒本と呼ばれる教科書です。

本書は人気オラクル人気講師の代田講師が著書の本です。

作者はOracle10gGoldを持っていましたので、本書で勉強をして90%の正解で合格する事が出来ました。 






作者が読んでよかったので推薦するオラクル関連の本nze DBA10g
門外不出のOracle現場ワザ

作者愛読のDBマガジンの人気特集が一冊に!

日本オラクルのコンサルタントが明かすパフォーマンス・障害対策の極意。

管理者を悩ます、Oracleデータベースのパフォーマンス不足や突然の稼働停止。本書では、「なぜ、そうしたトラブルは発生するのか」をOracleの機能と動作から明らかにし、問題解決への具体的なノウハウを紹介します。

パフォーマンス分析から、障害を回避するDB設計と監視/テストの方法、DBアクセスを効率化するコネクションプーリングの選択、SQLオプティマイザの仕組みと管理までの幅広いテーマに対し、実践的なアプローチで解説。毎日現場でトラブルと向き合う日本オラクルのOracleコンサルタントだから伝えたい、本物の知識と技術を伝授します。

続・門外不出のOracle現場ワザ

やはり良い本は続編が出る!
Oracle管理者には必携の1冊です。

一流のDBAだけが知るOracle管理の最重要ポイントをまとめた「門外不出」シリーズの第2弾です。

運用時最大の課題であるパフォーマンスについては、実行効率の良いSQLの書き方とチューニング方法のほか、システム規模別のコストベースオプティマイザの使いこなしを紹介。基礎知識となるディスクI/Oの仕組みも解説します。トラブル対応では、障害発生時における問題箇所の切り分けと暫時対応を具体例をもとに体験的に学習。

また、文字化けの回避やOracleのアップグレードなど、ほかでは入手しづらいノウハウも収録しました。
勝つDBエンジニアのキャリアパス

作者のようなDBエンジニアの悩みある技術者必読!

データベースのスキルを持った技術者向けに、そのスキルを活かしてキャリアアップしていく方法を、技術的/ビジネス的観点から示している本です。
目標とする職種は、(1)ITコンサルタント、(2)プロジェクトマネージャ、(3)ラインマネージャ(部長など)、(4)基盤(インフラ)エンジニアの4種。

すべての職種においてDBエンジニアの素養を活かせるポイントは、目標や課題、各種管理項目などを構造化(適切に細分化した上で再構築)できるスキルにあるとし、キャリアアップにつなげるための実践法を具体的に解説しています。


Oracle達人技ベスト

真のDBAに必要なスキルが身に付く!!

Oracleデータベース管理に悩んでいる方、さらに運用技術を高めようという方に最適な解説書です。紹介するどのテクニックも実際に現場で使われ、磨き上げられたものばかりです。機能や技術について「いつ、どこで使うのか」「なぜ必要なのか」まで書いてありますから、多様なシステムに対応する力を身に付けることが出来ます。

バックアップ/リカバリやパフォーマンスチューニングなどの運用技術はもちろんのこと、SQL*PlusやSQL*Loaderといったユーティリティの説明が充実しているもの本書の特長です。監視用スクリプトは稼動状況の診断にすぐに使えます。エキスパートだけが持つノウハウをつめこんだ一冊です。




幣サイトのオラクルマスター資格ページのご紹介
下記のページではオラクルマスターの資格(ブロンズ、シルバー、ゴールド)にフォーカスした問題集、参考書、試験時間、合格ラインなどの情報を掲載しています。

オラクルマスターブロンズのページ

オラクルマスターシルバーのページ

オラクルマスタープラチナは作者がOracleMaster プラチナ11gを取得した際に作成予定です。(いつになることやら。。)



参考書/問題集(ホームページ)
上記の本以外にもオラクルマスターブロンズ対策で有効なホームページを下記に纏めました。

めざせオラクルマスター
合格者の多くの方が利用した事がある定番サイトです。
オラクルマスターブロンズのみの範囲ではなくシルバー、ゴールド、新機能まで範囲を網羅した問題が掲載されています。


オラクルフリーク
合格者の方が使用した問題集や参考書情報が満載です。
最近の試験に合格した方はどのような問題集や参考書を使用しているのか?などの
情報を検索するには最適なサイトです。


オラクルマスターブロンズ
幣サイトでご紹介させて頂いているOracleMaster Bronzeのページです。
当ページと同様に問題集、参考書、試験情報を掲載しています。


オラクルマスターシルバー
幣サイトでご紹介させて頂いているOracleMaster Silverのページです。
当ページと同様に問題集、参考書、試験情報を掲載しています。


IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド(IT資格一覧)のページへ戻る
Copyright(C) IT業界の人を応援!!資格取得ガイド All Rights Reserved
IT業界の人を応援!! 資格取得ガイド
 トップページ > IT資格一覧 > Oracle Master(オラクルマスター) > オラクルマスター ゴールド